土地活用の方法として有用なマンション経営

土地活用の方法として面積当たりの収入額を考えると優れているのがマンションを建てて賃貸経営をする方法です。高層マンションを建てれば百近いような部屋を用意することすらできるでしょう。戸数を増やせばそれだけ収入も増えると期待できますが、建築に費用がかかることも事実です。しかし、一度建ててしまえば長い間に渡って収入が得られるのも確かであり、思い切って高額の投資をすればそれに見合った収入を期待できるでしょう。

土地の場所とマンションの規模の考慮

土地を持っていてマンションを建てて経営を始めるというときにはマンションの規模を考慮する必要があります。大きいほど収入が高くなるというのはあくまで理想でしかありません。満室になることが前提になっていることは忘れてはならないでしょう。土地の場所に応じてどの程度の入居者が見込めるかを想定して規模を決めることが重要です。駅の近くのように需要が高い立地が整っているのなら大きなマンションを建てられるものの、周囲に何もないような場所であると入居者を期待できず、マンションの建築費用を取り戻すことが困難になってしまうリスクがあります。

工夫次第で収入を増やせる可能性も

立地条件がよくて需要も高い地域に土地があるなら大きなマンションを立てるのが賢明です。しかし、あまり条件が整っていないというときにも工夫をすれば収入を増やせる可能性があります。マンションの低層階にテナントをいれたり、多目的ルームを用意したりすることも考慮しましょう。コンビニやレストラン、クリニックなどの需要がある地域であれば速やかにテナントが入ると期待できます。住宅街や学校が多い地域なら多目的ルームを借りたいという需要も高く、レンタル業を同時に行うことで収入を高められるでしょう。

マンション経営を効果的に行うにあたり、収益率の高い不動産の見極め方や空室率の対策をすることが大事です。