持ち家でなければならなかった時代

わが国ではずっと持ち家志向が続ていました。現在も、特に地方はそうでしょう。でも、だんだんとその流れも変わってきつつあるようです。まずは土地の値段ですかね。土地は右肩上がりに上がっていくもの、という時代が長く続いていました。持ち家イコール土地所有、だから安全みたいな感覚があったんでしょうね。土地は買ったときより必ず高く売れるし、売りたいときはいつでも売れるっていう。持ち家は資産で、それゆえ持とうとするのは当たり前でした。

土地価格は暴落、空き家も増えた

地価は大暴落して以来、少しずつ下がり続けていますね。人口減少が始まったので、上がることはあまり期待できません。売ろうとしても、買い手がいなかったら、土地は資産でもなんでもなくなります。固定資産税がかかるだけですから。上に家が建っていれば、固定資産税は安く済みますが、その家も人が住んでこそです。いずれそういうことになるなら、家を買うのはリスクってことになりそうです。賃貸で住み替えをしていたほうが、安全って気がします。

借りるのも比較的容易に

つい数年前まで、賃貸住宅を借りるには、連帯保証人が必要でした。年取ったら賃貸住宅に入ることは難しい、だから持ち家でないと、っていうのがあってですね。けれど、現在は家賃保証会社が増えて、連帯保証人がいなくても借りられるようになりました。年金が定期的に入る老人なら、家賃保証会社の審査も通りやすいでしょう。人口減少によって賃貸物件の空き室率も増えてきていますので、借り手の立場も以前よりは強くなってきています。

札幌の賃貸マンションについての口コミを知りたいときは、不動産会社のランキングや比較サイトなどを参考にすると良いです。