解約予告期間は憶えておこう

賃貸物件に入居する際には、必ず賃貸契約書が作成されます。その中で気をつけておかなければならないのが、解約予告期間です。契約期間は、あまり気にする必要はありません。その期間内に、家賃の値上げがなされることはない、という程度のことです。問題となるのは、解約予告期間の方です。そこから引越すことになったら、その期間よりも前に、家主に引越すことを伝えなくてはなりません。伝えるのが遅れると、違約金がかかります。

学生専用物件では3か月のことも

解約予告期間は、法律で、3か月以内にすることとなっていて、期間はその範囲内で家主が決定します。借りる方としては、その期間が短ければ短いほうがいいですよね。たいていの物件では、1か月に設定されています。でも、学生専用物件の場合は、3か月であるところが多いです。学生専用物件だと、3月にしか人の入れ替わりが期待できないため、例えば5月に引越しされてしまったら、次の年の3月まで空き室になる可能性があります。

解約予告期間は借り手を守るためのもの

家主としては、9か月空き室になる分の家賃を請求したいところかもしれませんが、法律で上限は3か月と決まっています。法律でそう定めておかないと、学生専用物件や人気物件では際限なく解約予告期間が伸ばされるかもしれません。住んでいない期間の家賃を借り手に求めるのは3か月が限度、となっているのは、借り手を守るためです。解約予告期間は、法律で必ず定めなければならないことになっていて、賃貸契約書にも必ず記載があります。

札幌市清田区の賃貸というのは、周辺環境に大変優れた物件が多いため、子育て中のファミリーでも快適に暮らせます。